戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 不動産売買をお考えの方へ 〜媒介契約〜



不動産売買の仲介を宅建業者に依頼する場合は 「媒介契約」 を締結します。


媒介契約とは?

  媒介契約とは、仲介業者と売主又は買主が 「仲介に関する約束事 (売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間、
  約款、その他の確認事項等) 」 を定めたもので、この書面を 「媒介契約書」 と言います。

  宅地建物取引業者は宅地又は建物の売買又は交換の媒介の契約 (媒介契約) を締結したときは、遅滞なく 「媒介契約書」
  を作成して記名押印し、依頼者にこれを交付しなければなりません。 宅地建物取引業法34条の2(媒介契約)

  口約束の仲介は紛争が生じやすいことから


 売主及び買主に掛かる仲介手数料 / 代理手数料 → こちらのページをご覧ください
 
 
売主の媒介契約

  媒介契約締結後、買主探索等の媒介業務(=仲介)が始まります。
 
 
 (1) 売買相談 不動産の売却に関するご相談を伺います。 【相談無料】
 
 (2) 価格査定 物件状態や成約事例などから適正な価格を査定します。
 
 (3) 媒介契約 不動産売買の仲介を依頼する場合は売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間等を定めた
            媒介契約を当店を締結します。
 
 (4) 買主探索 インターネットやチラシ等で物件を広告し、購入希望者に対する現地案内を行います。
 
 (5) 買主紹介 売主の内諾後又は売主の内諾前に買主(購入希望者)と 「媒介契約」 を締結します。
 
 (6) 条件交渉 境界の明示、付帯物の有無、代金支払方法、住宅ローンを利用する場合はその取り決めなど取引の詳細
            を確認し、売買契約日や代金決済引渡し日を決めます。
 
 (7) 重要事項 
     の 説 明  売買契約の前に権利の取得者に対して「重要事項の説明」を行います。  【宅建業者の法定業務】
 
 (8) 売買契約 売買契約書を作成して契約締結を補助します。
 
 (9) 代金決済 売主は売買代金を受領し、不動産の所有権移転に必要な書類を買主(買主の司法書士)に渡します。
 
 
買主の媒介契約

  マイホーム等の建築をお考えの方、建築業者の方で、土地の購入をお考えの皆様は こちら をご覧ください。
 
 
 (1) 現地案内 購入相談や物件概要、不動産購入にかかる諸費用、住宅ローン等の説明を行います。
           
            当店は建築の請負、建築業者の斡旋等は行っておりません。
               リフォームに関する具体的な建築相談や見積書の依頼は購入希望者にて直接、建築業者にご依頼ください。
           
 
 (2) 媒介契約 不動産の購入を申し込む場合、購入希望者は、「売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間等
            を定めた媒介契約を当店を締結します。
 
 (3) 条件交渉 境界の明示、付帯物の有無、住宅ローンを利用する場合はその内容、新築計画がある場合はその日程
            など、取引の詳細を確認し、売買契約日や代金決済引渡し日を決めます。
 
 (4) 重要事項 
     の 説 明  売買契約の前に権利の取得者に対して「重要事項の説明」を行います。  【宅建業者の法定業務】
 
 (5) 売買契約 売買契約書を作成して契約締結を補助します。
 
 (6) 代金決済 買主は売買代金を支払い、 売主は不動産の所有権移転に必要な書類を渡します。
 
 
 
 
 
マイホーム建築で土地購入をお考えの方、建築の請負・営業等で土地情報の照会等を希望される皆様へ


  土地購入希望者 (建築主) に対する当店の媒介業務は、関係者間の紛争防止のため、必ず購入希望者の「本人確認」と

   「購入意思」を確認し、「媒介に関する約束事 (媒介契約の形式、目的物、
売買価格、媒介業務の内容、有効期間、仲介料、

  仲介料支払時期、約款、媒介契約の解除やその他の確認事項)」 を定めた 「媒介契約書」 を締結した後に行っております。

  


  媒介契約前に購入相談や物件説明を行うことは可能ですが、土地購入を進める場合は、トラブル防止のため、媒介契約書

  の締結が必要となりますので予めご了承ください。





戻る