戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 不動産売買をお考えの方へ 〜媒介契約〜



不動産売買の仲介を宅建業者に依頼する場合は 「媒介契約」 を締結します。


媒介契約とは?
 宅地建物取引業者は、不動産の売却又は購入の仲介の引き受け、媒介契約を締結したときは、遅滞なく 、「媒介契約書」を作成し、依頼者に交付しなければなりません。 宅地建物取引業法34条の2 (媒介契約)
 媒介契約とは、仲介業者と売主又は買主が 「仲介に関する約束事 (売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間、約款、その他の確認事項) 」 を定めたもので、この書面を 「媒介契約書」 と言います。

 売主及び買主に掛かる仲介手数料 / 代理手数料 → こちらのページをご覧ください
 
 
売主の媒介契約

 媒介契約締結後、媒介契約書を交付し、買主探索等の媒介業務(=仲介)が始まります。
 
(1)売買相談
不動産の売却に関するご相談を伺います。 【相談無料】
(2)価格査定
物件状態や成約事例などから適正な価格を査定します。
(3)媒介契約
不動産売却の仲介をお受けする場合、「売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間等」を定めた媒介契約を締結します。
(4)買主探索
インターネットやチラシ等で物件を広告し、購入希望者に対する現地案内を行います。
(5)買主紹介
不動産売買にあたり、売主の内諾後又は内諾前に買主(購入希望者)と 「媒介契約」 を締結します。
(6)条件交渉等
売買契約や代金決済、引渡しの日、売買代金、支払い条件、違約金、境界の明示、付帯物、住宅ローンを利用する場合は、その取り決めなど取引条件の概要を調整します。
(7)重要事項の説明
売買契約の前に権利の取得者に対して、「重要事項の説明」を行います。 【宅建業者の法定業務】
(8)売買契約
売買契約書を作成し、契約締結を補助します。
(9)代金決済
売主は売買代金を受領し、買主に対して、不動産の所有権移転に必要な書類を渡します。
所有権移転等の登記手続きは決済時に立ち会う司法書士が行います。

 
 
買主の媒介契約
媒介契約締結後、媒介契約書を交付し、不動産購入にむけた媒介業務(=仲介)が始まります。
マイホーム等の建築をお考えの方、建築業者の方で、土地の購入をお考えの皆様は こちら もご覧ください。
 
(1)現地案内
購入相談や物件概要、不動産購入にかかる諸費用、住宅ローン等の説明を行います。
建築の請負、建築業者の斡旋は行っておりません。リフォームに関することは購入希望者にて直接、建築業者にご相談ください。
(2媒介契約
不動産購入の仲介をお受けする場合、購入希望者は、「売買価格、媒介業務の内容、仲介手数料、有効期間、その他の確認事項等」を定めた媒介契約を締結します。
(3)条件交渉等
売買契約や代金決済、引渡しの日、売買代金、支払い条件、違約金、境界の明示、付帯物、住宅ローンを利用する場合は、その取り決めなど取引の概要を調整します。
(4)重要事項の説明
売買契約の前に権利の取得者に対して、「重要事項の説明」を行います。  【宅建業者の法定業務】
(5)売買契約
売買契約書を作成し、契約締結を補助します。
(6)代金決済
買主は売買代金を売主に支払い、売主から不動産の所有権移転に必要な書類を受け取ります。
所有権移転等の登記手続きは決済時に立ち会う司法書士が行います。

 
マイホーム建築で土地購入をお考えの方、建築の請負・営業等で土地情報の照会等を希望される皆様へ
口約束の仲介は行いません。

 購入相談や物件概要の説明を行うことは可能ですが、仲介業者が土地購入の仲介を引き受ける場合は、購入希望者の購入意思等を仲介業者が直接、確認したうえで媒介契約の締結 (媒介契約書の交付) が必要となります。また、仲介業者が行う媒介業務 (購入希望者に対する取引概要、周辺環境、告知事項その他の説明 / 売主との条件交渉等) の過程において、購入希望者と売主が売買条件等について合意に至らず、当然にキャンセルとなる場合があります。(当店の媒介契約書は、このような場合に備えた取り決めを記載)
 このような事情により、購入希望者と仲介業者の接触を妨げる行為 (土地売買契約だけを急ぎ、延々と購入希望者を明かさず、媒介契約を遅滞させる行為又は謀略) は、購入希望者の購入意思に影響を与える重要な取引条件や告知事項その他の説明が充分にできず、宅建業者の信義誠実に反することから固くお断りします。

  ● 当店の媒介契約書における主な記載事項 ●
  媒介契約の形式 / 目的物 /
売買価格 / 媒介業務の内容 / 有効期間 / 仲介料 / 仲介料支払時期
  媒介契約の解除に関する事項 / 約款その他



戻る