戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 不動産売買をお考えの方へ




不動産取引を安全に行うためには専門知識が必要です。
 一生のうちに何度も不動産取引を経験する一般消費者は少なく、全国的な事例を見ますと
不動産取引に関する知識の不足から紛争が起こるケースが散見されます。 また紛争にならないまでも不動産の状態や権利関係、法令上の制限、取引条件等についてもっと理解して取引するべきだった…。 そのような声をお聞きするケースもあります。
 秀研不動産は不動産取引の専門家として専門知識を親切に使い、ご相談から代金決済まで誠実にお世話させて頂きます。 不動産に関することはお気軽にご相談下さい。
 ご相談により、雄武町、興部町、滝上方面などの物件も仲介します。
 


  個人売買
 一般の方が宅建業者を介さずに、場合によっては司法書士にも頼らずに、自力で不動産の売買を行うことを「不動産の個人売買(?) 」と俗称しているようです。不動産の個人売買は売買価格を決めたものの、取引条件は曖昧で、話し合いに食い違いが生じやすく、売買条件や権利関係、法令上の制限を理解しないまま売買しようとするため、住宅ローンを申し込んだ銀行から宅建業者の仲介を求められる場合があります。また、宅地建物取引業免許を有しない法人や個人が不動産の売買を繰り返したり、斡旋することは、宅地建物取引業法の規定に抵触する可能性がありますので注意が必要です。
 取引の相手方が決まっている個人売買でも秀研不動産がお力になれますのでお気軽にご相談ください。

宅建業者の仲介業務には「媒介」と「代理」があります。
 売主及び買主に掛かる「媒介報酬」や売主又は買主のどちらかの一方に掛かる「代理報酬」につきましては、こちらのページをご覧ください。 → 売買の仲介手数料 (媒介報酬や代理報酬は一般的に「仲介手数料」と呼ばれています)


 ・ 家を売りたい
 売主の心配事はいろいろです。売買価格、売却の見込み、不動産売却に掛かる費用税金、他にも様々な不安。。。当店は売主に適切な助言を行いながら仲介を行っております。物件の査定にあたっては売主と面談し、不動産権利証(=登記識別情報)や固定資産税評価額、建築確認済証等を確認し、建物の状態や境界に関する話しを伺います。不動産価格は個々の事情によって変動し、同じ地域、同じ大きさ、同じ築年数であっても、地勢や建物状態、駐車場の有無等により大きく異なります。また、売主の希望価格が市場価格よりも高い場合や特別な事情を抱えた物件は不売期間の長期化や不売を招く傾向があります。


 ・ 空家、古い住宅、借地の住宅 ・ 低廉な価格帯の建物や土地を売りたい
 国や自治体は増加する空家の有効活用をすすめています。しかし、従来の仲介手数料限度額 (平成29年12月8日改正以前) は売買価格に一定割合を乗じた額「売買価格 200万円以下5%、200万円超から400万円以下の部分4%(税別)」としていたため、場合によっては仲介の依頼を受けても、売買の成功によって申し受ける仲介手数料と、宅建業者の業務 (物件調査、説明責任、買主探索活動、重説実施、代金決済の補助、これらに要する諸費用) が見合わないため、お受けし難い事情がございました。
 平成30年1月1日施行の報酬改定により宅建業者の仲介手数料限度額が、「売買価格 400万円以下18万円(税別)」に変更されましたので、低廉な価格帯の不動産であっても、売却が見込める場合には、売買の仲介をお受けしやすくなっております。


 ・ 任意売却 法律事務所、金融機関並びに債権者の皆様へ
 ご相談により物件の簡易査定を無料で行います。(紋別市、雄武町、興部町、滝上町方面)
 この場合、査定依頼者にて「登記情報、固定資産税評価額又は固定資産税納付通知書の明細、場所が解り難い場合は物件地図、その他査定に役立つ資料等」をお知らせ頂いております。
 売却が見込める物件、登記名義人や占有者等の協力によって物件状態を確認できる物件、売主(管財人等)と媒介契約(専属専任・相談により専任、一般媒介可)を締結できる案件につきましては任意売却をお手伝いさせて頂きます。

   秀研不動産の主な媒介業務
   当店WEBによる解りやすい物件広告 / 場合によりチラシ配布による買主探索
   買主に対する購入相談、住宅ローン紹介(融資申込みの補助) / 司法書士等の紹介
   当事者、関係者に対する取引スケジュールや取引条件の概要説明
   配当計画の補助 / 重要事項の説明 / 売買契約書作成から代金決済引渡しの補助まで

お問合せ・ご相談
秀研不動産 宅地建物取引士 池田良雄

    /  



戻る