戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 境界の明示
 

 家を建てたり、塀や垣根を造るときに土地の境界がはっきりせずに隣地とトラブルになることがあります。

 
境界の明示は通常、売主が行います。

境界が不明の場合は、買主が土地購入を敬遠するため、売主の費用負担で測量図を作成して頂きます。


 当店が不動産取引を仲介する場合、境界の明示にあたり売主がどこまで境界を明示するのか、又はしないのか、

売買契約の前に取引の当事者に説明し、取り決めた内容を売買契約書に記載しています。

 具体的には、売主が有資格者作成の測量図を買主に交付する場合には、その測量図が
@ 「確定測量図」

あるのか A 「測量図 (通称: 現況測量図)」 であるのかを買主に説明します。また売主が測量図を買主に交付

ぜずに境界標の有無や状態を現状のままで買主に引き渡す場合は、そのリスクを買主に説明します。

 売主が買主に対して測量図の作成 (交付) を行わないケースは、既設の境界標に信頼性があり、買主が現状

引渡しを承諾する場合や売主側の事情 (任意売却・特別清算等) による場合もあります。



@ 確定測量図

 道路を含む全ての隣地について隣地所有者の立ち会い (境界確定) を得て、有資格者によって作成されたもの

をいいます。

※確定測量図の作成は多分な費用と時間が掛かることや隣地所有者の協力が得られない場合 (立会や境界確認書の

署名押印、印鑑証明書添付等の拒否) があり得ることから売主が敬遠することがあります。



A 測量図 (通称:現況測量図)

 国又は地方公共団体が所有又は管理する道路との境界を除き、隣地所有者の立ち会いを得て、又は隣地所有

者の立ち会いを得ずに有資格者によって作成されたものをいいます。


※確定測量図に比べて作成が容易で費用が安価であることから実務上多く用いられるのが現況測量図です。


 







戻る