戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 価格査定


土地建物の 「売買仲介」 をお考えの方はお気軽にお電話ください。
不動産のご売却、その売買仲介にあたり、当店の宅地建物取引士が適正な価格を査定します。

                 


 
1.秀研不動産の価格査定


 
@ 「 売出後、3ヶ月以内に売れる可能性がある価格 」 又は A 「 売買にあたり参考となる価格 」を査定します。


一般的な土地付住宅は市場性が高い ため、 「 売出後3ヶ月以内に売れる可能性 」 を査定するケースが多いです。宅地

の場合はその市場性 ( 住宅に比べて時間が掛かる傾向 ) を考慮し、「 売買にあたり参考となる価格 」 を査定します。


不動産の査定額はいろいろで買取業者の現金買取価格であれば 「 @ A 」 に比べて価格が安くなる傾向がありますし、

事情によっては、売り急ぎや実売の上限と思われる価格 (これ以上の価格では実売が困難で、不売の可能性があると

思われる価格 ) を査定するケースもございます。


不動産の査定方法は物件状態、固定資産評価額、心理的嫌悪事項の有無、周辺環境、住宅については性能や仕様を

考慮し、その物件の売り易さ、売り難さを評価します。



査定する物件が住宅で空家の場合は家財等が散乱していたり、汚れていると実際の価値以上に査定額は低くなる傾向が

ありますのでキレイな状態にされた方が宜しいと思います。この他にも購入希望者の購入判断に影響を与えるような要素、

物理的な欠陥、心理的な嫌悪要因 があるときは、これを隠さずに宅建業者に説明することが重要です。 (紛争防止)



不動産売買の仲介は秀研不動産にお任せください。






当店の宅地建物取引主任者がお客様のご相談をお伺いします。  (秘密厳守)


                           


価格査定には次の書類が必要となります。 こちらをご覧ください。

ご来店される場合は事前にご連絡ください。 
(予約制)


 
2.査定に必要な書類等
住宅金融支援機構の住宅ローン 【フラット35、フラット35S(10年間金利引き下げ又は5年間金利引下げ)、フラット50】をご利用中の場合はご利用実態がわかる書類
(借入申込書の控え、金銭消費契約書等)をご用意ください。
 
(1) 不動産権利証 (登記識別情報)
  
(2) 昨年又は今年の固定資産税納付通知書 (直近のものが望ましいです)
  
(3) 土地の図面 (公図、地積測量図など)
  
(4) 建物の設計図書
  
(5) 確認済証 (建築確認通知書)、検査済証
  
(6) 住宅性能評価書
  
(7) 瑕疵担保保険の付保証明書
  
(8) 土地や建物の売買契約書、新築時の請負契約書、又はこれらの領収書
  
(9) 購入時の不動産パンフレット
  
(10) その他

物件状態、土地境界標、地下埋設物、心理的瑕疵(自殺、孤独死、火災その他)、災害歴等についてお話しを伺います。
  
 







戻る