戻る
 ■ 紋別市 秀研不動産 不動産売買にかかる費用、税金
 

 
@不動産売買にかかる費用、税金 〜売主様や購入希望者様に概算費用等をご説明します〜
 

(1) 売主の費用

   売買契約書に貼付する印紙代
   場合により測量費用、登記費用(抵当権抹消、登記名義人表示変更、建物表題部の修正費用など)、
   トイレ、ボイラ等の水落し費用、家財やゴミ等の搬出費用、住宅の清掃費用など
   仲介手数料又は代理手数料

(2) 売主にかかる税金

   不動産を売却して利益が出た場合、不動産譲渡所得税(国税)がかかります。
   ※マイホームを売却した場合、譲渡所得から最高3,000万円まで控除される特例があります。 (確定申告必要)
     この特例を受けるためには様々な要件がございますので詳細や控除の可否に関すること、不動産譲渡所得税の
     税額に関することは税務署までお問い合わせください。

   不動産譲渡所得税・山林所得等など国税に関することは タックスアンサー をご覧ください。

 

(1.) 買主の費用

   売買契約書に貼付する印紙代
   登記費用 (所有権移転登記、抵当権等の設定登記)
   住宅ローンを利用する場合は事務手数料や保証料、火災保険など融資利用に必要な費用が掛かります。
   (詳しくは金融機関でご確認して頂きます)
   仲介手数料又は代理手数料

(2) 買主にかかる税金

   不動産を取得したときは不動産取得税(道税)がかかります。 (取得時のみ)
   不動産を所有すると固定資産税(市町村税)がかかります。 (毎年)

   不動産取得税に関することは北海道のページより、「不動産取得税」 をご覧下さい。

(3) 住宅ローン減税 (確定申告必要)

   住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合(一定の要件を満たすとき)は、 住宅ローンの年末残高から算定
   する金額を所得税額から控除する制度がございます。この制度を受けるためには様々な要件がございますので
   詳細や減税の可否に関することは税務署までお問い合わせください。

   財務省のサイト 住宅ローン減税制度の概要 をご覧ください。


 

A売却又は購入の仲介手数料
   仲介手数料は成約価格に応じて下記のように算出します
 
   売買価格200万円以下の部分          × 5% = A
 
   売買価格200万円超〜400万円以下の部分  × 4% = B
 
   売買価格400万円超の部分            × 3% = C   仲介手数料の限度額  = A+B+C+消費税
 
 
   ※仲介手数料の計算式としてよく知られる 「 成約価格×3%+6万円 (消費税別) 」 は成約価格が400万円を超える場合

     の速算法です。成約価格が400万円以下の場合は200万円以下と400万円以下の部分に分けて上記の計算を行います。

     400万円を超える場合の+6万円の意味は400万円以下で異なる報酬割合の差異を加算したものです。

 
B売却又は購入の代理手数料 
 
   売主又は買主のどちらか一方から 「売却又は購入の代理」 を受けるとき
 
   代理手数料 = 上記 A 売買又は購入の仲介手数料 より算出した額の2倍以内

   ※相手方にも宅建業者がつくときはその業者が受領する報酬額を含めて2倍以内となります。
 
   代理の場合も依頼主と当店の間で代理する業務の範囲、有効期間、売買価格(売買予定価格)、代理手数料等について書面にて約定します。

Cその他の仲介手数料 / 代理手数料
 
   宅地建物取引業法の適用外となる 「都市計画法で定める12種類の用途地域以外の土地で、かつ建物の敷地に供
   しない土地」 の仲介又は代理
につきましては、依頼主との相談により、仲介又は代理の業務内容・報酬額その他を
   書面で約定したうえでお受けしております。

   山林・原野等の売買もご相談ください。
 







戻る