本文へスキップ

物件ナビドットコム

お問い合わせ0158-23-2376

〒094-0004 北海道紋別市本町4丁目2-5

個人売買をお考えの方へ

お取引相手が決まっている個人売買も仲介させて頂きます。
個人売買
一般の方が宅建業者を介さず、場合によっては司法書士にも頼らずに自力で売買することを不動産の個人売買(?)と俗称するようです。個人売買は売買価格を決めたものの、各自負担の諸費用・取引条件が曖昧で、互いが自己に都合が良い思い込みをしやすく、権利関係や法令上の制限を理解しないまま売買しようとするため、トラブルになることがあります。また宅建業免許を有しない個人や法人が売買を反復継続すると宅地建物取引業法に違反し、罰せられます。
円滑な売買のために
購入希望者が購入したい不動産を見つけ、売買について売主の内諾を得られる見込みがあるときは、買主と売主が互いに仲介業者と媒介契約を締結する「媒介」 または買主のみと仲介業者が媒介契約を締結する「買主付代理」をご提案します。
どちらの場合も売主買主に対し、売買相談・売買にかかる費用税金の説明・住宅ローンご紹介・重要事項の説明・代金決済引渡しまで、お世話させて頂きます。
重要事項の説明
宅建業者の法定業務(紛争防止)
取引により異なりますが大きく分けて、不動産の権利関係、法令上の制限、物件状態(見込み)、契約条件に関する事項を説明します。
「重要事項の説明」を受けることにより、取引の注意点をよく理解して売買することができます。また住宅ローン利用の場合でも融資申込みから代金決済まで補助しますので取引がスムーズに進み、売主も買主も安心です。
媒介報酬額
代理の報酬限度額 赤字部分増額あり
媒介の報酬限度額 赤字部分増額なし
【売主付代理】売買価格400万円以下の場合 (H30年改定) 18万円+買主の仲介料限度額 (低廉な空家等の売買交換の特例) / 売買価格400万円超の場合 (従来通り) 売買価格×3%+6万円×2倍 / 税別
【買主付代理】通常の仲介手数料限度額×2倍 (従来通り) / 税別
媒介契約
不動産売買の仲介(代理)を引き受けるときは必ず媒介契約書を依頼者に交付して、その内容をご説明します。
詳しくはご相談ください。