本文へスキップ

物件ナビドットコム

お問い合わせ0158-23-2376

〒094-0004 北海道紋別市本町4丁目2-5

家を買いたいとき(購入の媒介)ny

はじめに
売家情報はウェブやチラシによる一斉公開を基本方針としています。
大変申し訳ございませんが、秀研不動産の場合、売主さまとの契約があること・多数の購入検討者さまがいること・誤解と紛争防止の観点から、新着情報を個々に通知したり、購入に関する予約には対応しておりません。
※媒介に関する考え方と対応は媒介業者により異なります。
※チラシは配布されない場合がございます。
※売家情報は購入者の内定または購入の媒介契約締結により
"商談中"と表記されます。
後記.不動産市況・売主等の意向A購入申込をご参照ください。
媒介実績ご紹介
売主:一般消費者 / 現状引渡し / 売主の担保責任なし
一部例外 売主:宅建業者、リフォーム物件 / 売主の担保責任あり
広告に掲載されない個人売買等の媒介実績を含みます



売出前の売却相談・価格査定等につきましてはこちらのページをご参照ください。
家を売りたいとき


不動産価格に関する補足
リフォーム歴・物件や管理の状態(売主等による日常的な手入れ)・売出時の状態・売買条件(売主の契約不適合責任の内容・境界の明示その他)・売り急ぎ買い進み等の事情により、古い住宅でも、新しい住宅であっても、その価格は様々です。単純な比較はできません。また市況により不動産価格は変動します。
不動産市況
多数の購入希望者(需要)と少ない中古住宅市場(供給)の状態が続いています。
売主等の意向
売主側関係者 (売主・媒介業者、場合により売主代理人・債権者等・以下、売主等をいいます。) の多様な利害関係の中、お一人の買主と契約することになります。
※不動産取引は一般的な商品購入のように早い者勝ちではなく、取引関係者の合意と不動産売買契約の締結が必要となります。

一般的な売主等はこのような取引を希望しています。
・媒介価格(広告価格)で購入される方 / 迅速に取引して頂ける方
・取引条件や物件状態をよく理解される方 / 安心して取引できる方
一定の信頼関係を築けない方 / 反社会的勢力および、その関係者は契約不可
購入の流れ@〜E
およそ1ヶ月です。(住宅ローン利用の場合)
現金支払いの場合
@からEまで
数週間程度です。
・住宅ローン利用の場合
購入の媒介契約 → 仮審査 → 重要事項の説明 → 不動産売買契約 → 本審査 → 代金決済引渡しまで
およそ1ヶ月です。審査期間は銀行により異なります。取引内容により、多少早くなったり、日数がかかる場合もございます。
(住宅ローンWEB事前審査)
ウェブ事前審査(通称、仮審査)を行う銀行があります。ご自身がどの程度の額を借入れできるのか、ウェブ事前審査を利用し、見通しをたてておくことも有用と思います。
リフォーム費用を住宅ローンに含める場合
建築業者との打合せと
見積書お取り寄せに必要な日数が加わります。購入希望者にてリフォームを依頼できる建築業者にメドをつけておくことも有用です。
物件に付着する抵当権その他の抹消手続きによる事情
通常のお取引日程よりも日数がかかるケース、差押等がついた物件の場合、買主への所有権移転後に抹消されるケースもございます。 (重説にて確認)
@ 現地案内
予約制 購入希望者が対象です。
宅地建物取引士が物件状態(見込み)・購入諸費用税金・住宅ローン
取引の注意点等をご説明します。
A 購入申込
購入目的・代金支払方法など購入の概要についてお伺います。

購入にあたり無理や迷いがないこと
中古住宅の場合、定期的メンテナンスや突然の修繕が生じることもあり、その費用は一般的に高額です。購入条件・居住区・物件状態(見込み)等について、無理や迷いがない購入をお考えください。
ご家族による購入申込と購入希望者本人の購入意思
ご家族(配偶者)等が代理して購入を申し込まれても、本人の購入意思を確認するまでの間、物件を押えることができません。特に市場性が高い住宅につきましては、刻々と他の引き合いが入ります。こうした事情により媒介業者は購入者本人による現地確認(物件説明)と揺るぎない購入意思を確認させて頂きたいと考えます。


買付証明書を頂く場合がございます。 (裁判所の売却許可必要時など)
検査済証がない住宅 H10年以前の住宅は6〜7割以上が該当
この場合、融資不可の金融機関が増えているため、売主の意向も踏まえ、対応とお申込み頂く銀行は要相談となります。
買主が希望する銀行では融資を受けられない可能性があります。
B 媒介契約
宅建業者と媒介(仲介)に関する契約を結びます。
解約規定のほか、宅建業者の免許番号・依頼者・媒介型式・売買目的物・売買価格・有効期間・媒介報酬・媒介業務の内容等を確認して頂きます。
媒介契約は売買成立を確約するものではありません。
C 重要事項の説明
不動産の権利関係、法令上の制限、物件状態(見込み)、契約条件に関する事項を説明します。
D 売買契約の締結
重要事項説明後、売買契約を締結します。売主買主は互いに契約条項に従い、代金決済引渡しを準備します。
E 代金決済引渡し
司法書士が売主買主の必要書類の確認し、買主は売買代金を支払い、売主は不動産を引渡します。同時に行われるこの流れを代金決済引渡しと言います。
媒介報酬限度額
購入希望者との媒介契約により、住宅購入に成功したときは、以下の媒介報酬を購入希望者に申し受けることになります。
【買主】取引態様:媒介
ア.売買価格200万円以下の部分 売買代金×5% / 200万円超〜400万円以下の部分 4% / 売買価格400万円超 売買価格×3%+6万円 / 税別
【買主】取引態様:代理
ア.の2の倍の額 (従来通り) / 税別