本文へスキップ

物件ナビドットコム

お問い合わせ0158-23-2376

〒094-0004 北海道紋別市本町4丁目2-5

秀研不動産Q&Areal estate


Q.重要事項の説明とは?
A.私共のウェブにも度々出てくる「重要事項の説明」。詳しい情報はネットで調べることができます。

 私共の立場として実感する一番のメリットは売買に関する紛争防止です。特に買主においては、購入不動産の権利関係・法令上の制限・水道管等の整備状況・取引条件(契約解除に関する事項含む)等をよく理解したうえで売買契約を結ぶことが極めて有用と考えます。
 また金融機関の判断により住宅ローン申込者(買主)に対して、当該不動産売買に関する媒介業者の媒介を求めるケースがありますが、その理由は融資上の安全、強いては不動産売買の安全を考えての助言と推察します。

宅建業者の重要事項の説明義務は業法により買主や借主など権利取得者とされています。

【補足説明:宅建業者の説明義務と相手方】
私共が加盟する公益社団法人全日本不動産協会ウェブのQ&Aより一部抜粋
月刊不動産2005年03月号掲載 回答者 渡辺 晋 弁護士
【抜粋1】買主・借主から重要事項の説明を省略してほしいといわれても、重要事項説明を省略することはできません。業者は必ず説明を行う必要があります。
【抜粋2】
売主・貸主に対する説明は法的な義務とはされていません。しかし売主・貸主も取引の条件を十分に理解してから取引をするかどうかを決めるべきですので、業者は、売主や貸主にも重要事項を説明しておいたほうがよいと考えられます。